気づいた時には剥げていました。

元は濃すぎるほどの髪があったのに、ストレスから薄毛になってしまった方の体験談です。

 


 

現在47歳の独身の男性です。
20歳前後の時は髪をすくぐらいのたくさんの髪がありましたので、?げる心配はないと思っていました。

 

 

30歳のころだと思います。本当に好きな女性が現れて、告白するかどうかに1年半くらい迷いました。
意を決して、告白するもののあえ無く振られてしまいました。

 

 

それ以来、彼女は欲しいものの、どうしたら作れるか分からなくなり、毎日ストレスをため込むようになりました。

 

 

過食症にもなり60キロの体重が80キロまでにもなってしまいました。30代後半さしかかったころ頭頂部が薄くなり始めました。
そのころも女性との交際ができなく、悩んでいる時期でもありました。

 

 

薄毛に気づいた時、最初は髪を切らずに長髪にしてみました。
空しいものですが、それで薄毛を目立たなくしていたのです。

 

 

悲しいかな薄毛の進行は止まらず、40代を過ぎると長髪では、誤魔化しがきかないくらい薄くなり、スキンヘッドにすることに決めました。
頭の形が絶壁なので、大変似合いませんが、ハゲ隠しにはなるかと嫌々ながらはやりました。

 

 

後にこれが私にとって賢い選択ではなかったのです。
他人から見た印象が悪く、「怖い人」のように映るようです。

 

 

日中、陽のあたるところでは顔がハッキリ見えるのそんなことは少ないですが、コンサート会場や映画館、夜道を歩いている時などは姿形は見えにくくなります。
その時、偶然に私の横を通り過ぎて歩く女性などは私を警戒しているんだろうなあと如実に感じることが度々あり、ハゲや見た目で判断されるのは本当につらいことだなあと感じます。ちなみに今も私は彼女がいません。

 


20代で梳くぐらいの量の髪の毛があっても、いったん男性ホルモンのバランスがDHT過多に寄ってくると、この方のように薄毛が進行してしまう場合があります。

 

一度進行した薄毛を復活させるのは難しいとされてきましたが、近年AGAクリニックのウェブサイトを見ると、進行した状態から復活した事例を多く見かけることができます。

 

クリニックによって、検査内容や、施術・処方の内容が違うと思いますが、見ていて感じる印象は、やはり専門的な処方をしているクリニックになるほど、生え際が劇的に復活した写真を掲載しているケースが多いです。

 

ホント、写真で見た限りだと生え際が完全に後退してつるつるになってしまった跡地が、黒い髪の森で覆われるように復活している写真なんかがありますから。
引用:生え際が復活した対策はどれか?